生ごみ処理機とは

line

異臭をシャットアウト減質量率が高く、
取り扱いも簡単!

白金のハニカム触媒で高温処理するため異臭が出ず、屋内でも安心して使用できる業務用生ごみ処理機です。

生ごみ処理機とは

処理槽は「分解処理槽」と「発酵処理槽」の2層式。
分解処理槽からオーバーフローしたコンポストは自動的に発酵処理槽へ移動するので、生ごみが固形化、油脂化しにくく、処理の安定性を高めました。

仕組み

減質量率の高い「バイオ式」+取り扱いが簡単な「乾燥式」

それぞれのメリットを合わせて処理

矢印

高い効率性と安定した処理能力で
85の減質量率を達成!

お問い合わせはこちら

毎日出る大量の生ごみの処理

食堂・レストラン等の事業者様。毎日出る大量の生ごみの処理・・・・・・困っていませんか?

line

  • 生ごみ収集の際に液だれを起こしてしまい、
    お客様からクレームがくる。
  • ごみ置き場が狭く生ごみが多いため、
    一日でも収集が止まるとごみが溢れてしまう。
  • 食品リサイクル対応が厄介で、
    どう取り組んでいいものか分からない。
  • 生ごみによる悪臭・カラスの被害など
    近隣に迷惑をかけてしまう。

矢印

生ごみ処理機なら、いつでも簡単に処理が可能、
ゼロエミッションサイクルも達成!!

生ごみ処理機なら、いつでも
簡単に処理が可能です。
ゼロエミッションサイクルも達成!!

ゼロエミッションリサイクルとは

ゼロエミッションリサイクルとは

ゼロ・エミッションとは、廃棄物を原材料にして再利用することにより、廃棄物を一切出さない資源循環型の社会システムです。
大量に発生する食品の売れ残りや食べ残し、あるいは製造過程で大量に発生する食品廃棄物を飼料・肥料用の原材料として再生し有効利用することは、循環型社会を築く上でとても重要な取り組みです。

ゼロ・エミッションとは、廃棄物を原材料にして再利用することにより、廃棄物を一切出さない資源循環型の社会システムです。

大量に発生する食品の売れ残りや食べ残し、あるいは製造過程で大量に発生する食品廃棄物を飼料・肥料用の原材料として再生し有効利用することは、循環型社会を築く上でとても重要な取り組みです。

廃棄物ゼロ

ゼロエミッションリサイクルとは

廃棄物ゼロ

肥料の作り方

肥料の作り方

消費 処理 生産 使用

NKCの生ごみ処理機の特徴

line

省電力運転
きめ細やかな温度監視による「スマートモード」運転機能を搭載。
また、脱臭装置の排熱を槽内温度制御に有効活用し、省エネ化も実現しています。
ユーザー視点設計
白金のハニカム触媒で高温処理するため異臭が出ず、屋内でも安心使用。臭い吸収剤の交換や追加の必要もありません。また、機器を設置する際に、給排水管や排水処理用の浄化装置は必要もありません。
高い効率性と安定性
「バイオ式」と乾燥式のメリットを合わせて処理で約85%の減質量率を達成。ごみの量やスペースに合わせて、6機種をご用意。幅広い業種、施設でご利用いただけます。

お問い合わせはこちら

作業フロー

line

生ごみ投入からコンポストの取り出しまで、
作業は簡単!大量の生ごみを効率よく処理します。

  • ①生ごみ投入
  • ②処理
  • ③コンポスト取り出し・フィルター掃除
  • ④コンポスト(処理物)

簡単!!手間なし!!

白金のハニカム触媒で異臭をカット

line

酸化触媒脱臭のしくみ

生ごみ処理機につきまとう、臭いの問題を高度な技術でクリア。
白金のハニカム触媒で高温処理するため異臭が出ず、屋内設置も安心です。
脱臭装置の排熱を槽内温度制御に有効活用する設計(排熱リサイクルシステム)で省エネにも貢献。
臭い成分を含んだ空気はヒーターで加熱し、その後触媒を通すことにより、水蒸気と炭酸ガスに分解され、 クリーンな空気となって排出されます。

お手入れ簡単コスト

  • 機器設置に伴う給排水管や排水処理の浄化装置不要
  • 酸化触媒脱臭方式のため、臭い吸収剤も不要
  • コンポストの取り出しも簡単
  • お手入れは拭き掃除でOK
  • 担体や金の交換追加投入も不要

安全設計

  • 異常動作時には、要所に組み込んだ安全機能が作動
  • 投入口や扉を開けると、撹拌を自動停止し、巻き込み事故防止
  • 処理槽内が一定温度以上になると、機械を全停止し、火災防止
  • EASY
  • CLEAN
  • SAFETY

ごみ処理機

業務用生ごみ処理機の製品一覧

line

NKCの業務用生ごみ処理機は、ごみの量やスペースに合わせて、
6機種をご用意。幅広い業種、施設でご利用いただけます。

生ごみ処理機の活用事例

line

NKCの業務用生ごみ処理機に投入できるもの・できないもの

投入できるもの

投入できないもの

  • ※単一食材の投入・使用はできません。
  • ※生ごみ処理以外でのご使用は控えてください。
  • ※エビ・カニ・貝殻・ワックス掛けした果物の皮は分解されない状態で排出されます。
  • ※肉・魚・チーズ等、油脂分の比率の高い食材や上記以外で投入するものがありましたら、事前にご相談ください。

NKCの生ごみ処理機が活躍できる施設例

幅広い業種でごみ処理機は活躍します。

事業系生ごみの資源化を推進します。 地域コミュニティの復活に役立ちます。 子供たちのエコ教育に 日常の不快感を減らせます

  • スーパーマーケット

    スーパー
    マーケット

  • コンビニエンスストア

    コンビニエンス
    ストア

  • レストラン

    レストラン

  • ホテル

    ホテル

  • 学校給食センター

    学校給食
    センター

  • 食品加工工場

    食品加工工場

  • 病院

    病院

NKCのカーボンオフセットの取り組み

line

カーボンオフセットとは

自らが排出する温室効果ガスのうち、どうしても削減できない量を、他の場所で実現した排出削減・吸収量(クレジット)を購入することで排出量の全部又は一部を埋め合わせることです。

NKCグループは、7月14日に、三重県「宮川森林組合殿J-VERクレジット」の売買契約を締結し、J-VERクレジットの購入により、EPD室で手がける生ごみ処理機の稼動(電力の使用)に伴う二酸化炭素排出量の一部をオフセットします。オフセットの総量は、生ごみ処理機が20T-CO2です。

カーボンオフセットとは

~ゼロ・エミッション×カーボン・オフセット~

オフセットの概要

カーボン・オフセットの対象
生ごみ処理機稼働に伴う電力使用によるCO2排出量の一部
(当社規定による)
カーボン・オフセットの実施期間
商品購入から1年間
クレジットの種類
森林吸収  J-VERクレジット
プロジェクト名
三重県宮川上流部、宮川森林組合による持続可能な
森林経営促進型プロジェクト
よみがえれ森林‼林業活性化に向けて~森の声をかたちに~
無効化完了日
2016年7月20日

対象商品

NKCの業務用生ごみ処理機は、ごみの量やスペースに合わせて、6機種を
ご用意。幅広い業種、施設でご利用いただけます。

ご購入いただいたお客様には、国の管理システムより発行された無効化通知書に沿った、
プロバイダー発行の 「カーボン・オフセット証明書」を発行します。

お問い合わせ

line

ご提供いただいた個人情報はお問い合わせの対応のみにご使用させていただきます。
事前にプライバシーポリシーをご覧ください。

貴社名必須
部署名必須
役職名必須
ご担当者様名必須
フリガナ必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地以下(ビル名、部屋番号等)
電話番号必須
メールアドレス必須
メールアドレス確認用必須
お問い合わせ内容必須

pagetop